Miyazaki International Music Festival


by mmf2009

TV放送されます


第14回宮崎国際音楽祭・演奏会〔4〕が、
6月29日(月)01:00~04:00に放送されることになりました。
深夜~早朝という時間帯ですが、ぜひご覧ください!

◆NHK BS2 「クラシックロイヤルコンサート」 
  日時/2009年6月29日(月)01:00~04:00
  内容/第14回宮崎国際音楽祭・演奏会〔4〕
       1.歌劇「フィガロの結婚」序曲(モーツァルト作曲)
       2.7つの大罪(ワイル作曲)
       3.交響曲第1番ニ長調「巨人」(マーラー作曲)
      ***************** 
       ソプラノ  中嶋彰子
       男声合唱 ハドソン・シャド
       管弦楽  宮崎国際音楽祭管弦楽団
       指揮    シャルル・デュトワ

       (収録:2009年5月17日 アイザックスターンホール)
[PR]
# by mmf2009 | 2009-06-06 11:45 | 広報

演奏会 5

最終日の演奏会〔5〕の様子をお伝えします。
c0196746_9145661.jpg

演奏会〔5〕
モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調 K.551 「ジュピター」
モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364
        ヴァイオリン:徳永二男 ヴィオラ:川崎雅夫
ハイドン:チェロ協奏曲第2番 ニ長調 Hob.Ⅶb-2
      チェロ:ジャン・ワン

写真は最後の、ハイドンのチェロ協奏曲の模様です。

さてこの演奏会、サプライズ付きだったのですが皆様お気づきになりましたでしょうか?

実は急遽、出演予定ではなかった、モーツァルトのジュピターにジャン・ワンが
参加することになったのです。
チェロのセクションの最後尾で弾いていたのですが、ファンの方はくぎ付けだったことと思います。
こういったサプライズもフェスティバルならではですよね!

足を運んでくださった多くのお客様、本当に有り難うございました!
[PR]
# by mmf2009 | 2009-05-27 09:26
大変ご好評をいただいた、エクスペリメンタルコンサート。
c0196746_8552117.jpg


その好評の理由は、もちろん、
ウェーベルン:弦楽四重奏のための6つのバガテル op.9
ワイル:ヴァイオリンと管楽のための協奏曲 op.12
ストラヴィンスキー:11の楽器のためのラグタイム
ストラヴィンスキー:4人の歌手とアンサンブルのためのレナルド
といった珍しいプログラムと素晴らしい演奏にもあります。

ソリストがいるコンサートでは、通常、ソリストアンコールなるものがありまして、
予定していたプログラムの他に、ソロで演奏を披露してくれます。

今回、最後のプログラムに出演していただいた、男性コーラス「ハドソン・シャド」の皆様は
大変サービス精神がある方々でなんとアンコールを5曲も!歌ってくださったのです!!

アンコール曲は、
I wish Miyazaki
Bach in Miyazaki
クレオールラヴコール
I had a dream
そして
ブラームスの「子守歌」
でした!

マエストロも舞台でアンコールを促すなど、ご満悦でしたね。

皆様も「ハドソン・シャド」の魅力を十分に味わっていただけたのではないでしょうか?001.gif
[PR]
# by mmf2009 | 2009-05-27 09:13 | 概要
c0196746_15245029.jpgより多くの皆様に、超一流の演奏を楽しんでいただくためにお届する「スペシャル プログラム」
昨晩行われたのは「ジャン・ワン チェロリサイタル ~アイザックスターンホールで聴く、ジャン・ワン魅惑の無伴奏~」。

チケットが一度完売になり、すぐに追加発売が決定したプログラムとなりました。

中国に生まれ、10歳のときにドキュメンタリー映画「中国のアイザック・スターン/毛沢 東からモーツァルトへ」でスターン氏に見出され、現在、チェリストとして世界的に活躍しているジャン・ワン氏。
今回で宮崎国際音楽祭への出演は4回目。

アイザック・スターン氏の名のついたホールで演奏することについて「スターンさんを想いながら、全力で弾かねばという気持ちで臨んでいます。」


コンサートでは、J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲より、第1番 ト長調BWV1007、第4番 変ホ長調BWV1010、ニ長調BWV1012を演奏。

音の良さで観客のみならず演奏家にも評価の高いホールの隅々に素晴らしい音色が広がりました。

アンコール曲では、「J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第2番 二短調よりサラバンド」を。そして、中国の曲「二泉映月」を演奏し、お客様の中に涙を流しながら聴かれる方もいらっしゃったようです。

この「二泉映月」は、以前音楽祭でもアンコールに応えて演奏した曲。中国の伝統楽器二胡の曲としても有名ですが、ジャン・ワン氏のチェロによる演奏・・・心に深く響く音色でした。

さて、きたる23日(土)には今回の音楽祭をフィナーレを飾る「演奏会5」で再びジャン・ワン氏が登場!!
ハイドン チェロ協奏曲第2番 二長調 Hob.Ⅶb-2 のプログラムに出演します。

チェロの名手による音をぜひお楽しみください。
[PR]
# by mmf2009 | 2009-05-21 15:25 | プログラム
エクスペリメンタルコンサートのリハーサルが昨日から行われています。

今日の1曲目は、
ストラヴィンスキー作曲「4人の歌手とアンサンブルのためのレナルド」です。
c0196746_1111379.jpg

手前で歌っている歌手は、演奏会4でも出演した「ハドソン・シャド」の皆さんです。
この曲はある狐と雄鶏の死闘の物語で、歌の内容はシュールですが、
雄鶏の鳴き声なども歌詞になっていて、楽しんでいただけると思います。
滅多に聴けない曲ばかりですので、是非足をお運びいただければと思います!


5月22日(金)
フェニックス・シーガイア・リゾートPresents~シャルル・デュトワの世界へ~
エクスペリメンタル・コンサート 会場:演劇ホール
ウェーベルン:弦楽四重奏のための6つのバガテル op.9
ワイル:ヴァイオリンと管楽のための協奏曲 op.12
ストラヴィンスキー:11の楽器のためのラグタイム
ストラヴィンスキー:4人の歌手とアンサンブルのためのレナルド
[PR]
# by mmf2009 | 2009-05-21 11:26 | 舞台裏